メインイメージ

骨董品の種類-その他-

TOP > 骨董品の種類 > 骨董品の種類-その他-

古道具について

古道具について

「古道具」の種類はさまざまです。年代、種類などによって細分化されています。
茶道具や日本画、骨とう品、家具などもすべて、広い意味では「古道具」と呼ばれるでしょう。

「古道具について」の続きはこちら

有名な彫刻家

有名な彫刻家

体の躍動感や皮膚の質感を切り出したような彫刻は、常に人々を魅了し続けます。
そのような素晴らしい芸術作品を生み出してきた彫刻家は古今東西数多く、今でもその功績はさまざまなところで取り上げられています。

「有名な彫刻家」の続きはこちら

日本の有名な版画家

日本の有名な版画家

版画家、というカテゴリーは、いわゆる「書」「絵」「器」などに比べればマイナーだと思われる人もいるかもしれません。
しかし、素晴らしい作品を残す、有名な版画家がいるのも事実です。
今回は、日本史上に燦然と輝く、有名な2名の版画家をご紹介します。

「日本の有名な版画家」の続きはこちら

エラー切手とは

エラー切手とは

骨董品としての価値のある切手を探していると、しばしば目にする単語があります。
それが、エラー切手です。
今回は、このエラー切手についてお話していきましょう。

「エラー切手とは」の続きはこちら

ビンテージカメラとは

ビンテージカメラとは

古く、歴史のあるビンテージカメラ。その愛好者は数多く、意味を見出す人も大勢います。
「写真を撮る」ということは、「その時、その場にしか存在しない景色を切り取って半永久的にとどめる」ということにもつながります。

「ビンテージカメラとは」の続きはこちら

骨董品とされる腕時計とは

古銭とは

古銭とは

古銭とは、名前の通り古いお金のことを示します。
現在の通貨とは違い、過去に通貨として使用されていた貨幣や紙幣などのお金です。

「古銭とは」の続きはこちら

彫刻の歴史

彫刻の歴史

彫刻は本来、石や木材、粘土や金属、象牙などを彫り刻んだ作品です。
世界でも最古の彫刻は南アフリカで発見された斜交平行線の模様の形象で、7万7000年も前の彫刻だと言われています。

「彫刻の歴史」の続きはこちら

屏風とは

屏風とは

屏風はもともと中国の漢時代に衝立の一種として風よけに使用されていて、686年頃に朝鮮半島の新羅の使者から日本へ献上され、今日に伝わったとされています。

「屏風とは」の続きはこちら

仏像の種類

ブロンズ像とは

ブロンズ像とは

ブロンズ像とは青銅で作られた像で、西洋などでよく見かけることができます。
最も大きなブロンズ像は奈良の大仏で、世界最大の鋳造物です。


「ブロンズ像とは」の続きはこちら

書画骨董とは

書画骨董とは

書画骨董とは、文字が記されている「書」に、それと関係のある絵が共に書かれた「画」がひとつとなっている作品を書画と言います。
道具や古美術品でもないのに骨董と呼ばれているもので・・・

「書画骨董とは」の続きはこちら

古代裂とは

書画骨董とは

古い時代の染織品の断片「古代裂(こだいぎれ)」は現在でも数多く残されています。
使われていた時代ごとに呼び名も違い、織り方や染め方、素材、図柄から様々な時代背景を読み取ることができます。

「古代裂とは」の続きはこちら

運営会社:仁友堂(埼玉の骨董品買取店)